投稿記事も外部から提供することで、より一層の高速化を目指します

便利に都合よく
05 /16 2014
外部のWebサーバーから参照させれば良い!


 

抜け駆けではありません。先駆けです(大笑)

 あまりにも So-net ブログが遅いときがありますので、記事は100% JavaScript 呼び出しにすることにしました。 他方、「追記(続きを読む)」のテキストエリアには、複数の、多連の「 JavaScript 呼び出し」にすることにしました。 例えば、この記事の例ですと、

「記事の編集」テキストエリア内は2行のみ:

「追記(続きを読む)」は、上の赤い横線の上までなら


「 JavaScript 」呼び出しは、実際には「 So-netブログサーバー 」とは縁が切れて(微笑)、ブログのページを受信された方のブラウザー ⇔ 契約プロバイダー ⇔ インターネット網 ⇔ Webサーバー との通信に移行します。

So-netブログへの投稿記事の文字数を可能な限り少なくする!

 これが最も早くなりそうです。
具体的な手順を以下に解説していきます


運用手順の公開

まずは「下書き」

次に文字変換

JavaScript ファイルとしての無用な情報の一括削除

ファイルとしての圧縮

「記事の編集」(主記事)の入れ替え

「追記(続きを読む)」(副記事)の入れ替え

「下書き」の表示

エラー無ければ「公開」保存

将来の布石

 もしも、もしも、もじもし(コラッ!) 仮にですよ、仮に、 So-netブログの環境が改善せず、いえいえ、悪化の傾向に退化し続けたとしたら ・・・・・・・ 移転も考えることになるでしょう。 で、「投稿記事 内で JavaScript 指定が出来る 」ブログなら、どこのブログでも移動も簡単かも知れません。 複数のブログで「 連鎖倒産 」、変換間違いましたっ!(笑) 「リアルタイム連鎖投稿」だって夢ではない。 「移転しました」なんて応答は無用となる。 10でも20でも、連鎖投稿を繰り返しても、誤字脱字なりの変更・編集は、唯一に存在する「 圧縮済みの JavaScript 」を編集するだけで、全ての投稿記事が「右へ倣えっ! チャッ、チャッ。 と、な。(微笑) メリット以外、今のわたしには考えられません。 っと、言いながら、またまた「ドツボ」の世界にまっ逆さま。 もう、ご迷惑をお掛けしたくないのですけど。 「先生っ! 著作権利の所在が明確ではなくなるのでは?」「いいのいいの、そんな高尚な内容じゃないんだからね」「そっすか」(笑)

直前の記事に戻る ルーツ 順路
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Ujiki.oO

http://blog.fs4y.com